オルビスとファンケル|ニキビケアするならどっち?違いを詳しく紹介

オルビス ファンケル ニキビ

オルビスファンケル、どちらも人気で安心感のあるスキンケアブランドですよね。

どちらもニキビ用のスキンケアラインがありますが、どちらを買うべきか悩みませんか?

  • ニキビ対策するならオルビスとファンケル、どっちがいい?
  • どんな違いがあるの?
  • 両方使ったことがある人の感想を教えてほしい!

この記事では、オルビスファンケルニキビケアをお試ししてわかった、それぞれの特徴を紹介しています。

オルビスファンケルニキビケアは、どちらもお試ししやすいトライアルセットがあるので、自分の肌で試して充分に検討してから購入することができます。

オルビスは2週間分、ファンケルはなんと1か月分もお試しできちゃいます。

\\ オルビス 初回限定 980円//

30日間の返品保証つき

\\ 初回限定 1600円//

無期限返品保証つき

オルビスファンケル、どちらも低刺激で敏感肌でも使いやすい処方ですが、それでも肌にあう・あわないはあります。

ぽんこ

トライアルセットはかなりお得!一度お試ししてみるのが一番安心です。

オルビスファンケル、それぞれ詳しいレビューは下の記事からご覧になって下さい。

それではオルビスファンケルそれぞれのニキビケアラインの特徴を紹介していきます。

タップできる目次

オルビスとファンケル ニキビケアラインの特徴は?

オルビスファンケルニキビケアラインの特徴を紹介していきます。

違いはありますが、共通点もあるので先に共通点を紹介します。

オルビスとファンケルの共通点
  • 敏感肌でも使いやすい低刺激なニキビケアライン
  • ニキビのできにくい肌環境をつくる

より敏感肌向けなのはファンケルですが、オルビスも低刺激な処方になっています。

どちらも低刺激で優しい使い心地ですが、ニキビを即効で治すというよりもニキビができにくい肌を目指せる、どちらかというとニキビ予防に力を入れているのも共通点です。

オルビス「クリアフルシリーズ」とは

オルビス クリアフル ニキビ

オルビスニキビケアラインは「オルビス クリアフル」という名前です。

オルビスクリアフルの特徴
  • 肌のバリア機能を整えてニキビのできにくい肌を目指す
  • 無油分、無香料、無着色
  • アルコールフリー
  • 使用感を選べる(さっぱりorしっとり)
  • 毛穴ケアもできる(ナノVCショットカプセルを採用)

クリアフルは毛穴をケアしながら肌のバリア機能を高め、ニキビ予防もできるというのがコンセプト。

アルコールも油分も無配合、無香料・無着色など、刺激になりそうなものは削ってつくられたスキンケアシリーズになります。

毛穴ケア対策にナノVCショットカプセル※1が採用されていて、肌のキメを整えながら毛穴が目立たない肌へと導きます。

低刺激で保湿成分もたっぷりなので敏感肌の方でも手に取りやすいのがポイントです。

※1ナノVCショットカプセル…ビタミンC誘導体など5種の整肌成分が入った特殊なナノカプセル。

\\ オルビス 初回限定 980円//

30日間の返品保証つき

ファンケル「アクネケアシリーズ」とは

ファンケル アクネケア ニキビ
ファンケル アクネケアの特徴
  • 殺菌剤不使用の無添加処方
    • 敏感な肌でも使いやすい
  • 防腐剤無添加
    • 鮮度を守るため1か月で使い切れるコンパクトサイズ
  • 肌のバリア機能を高めてすこやかな肌へ
  • ニキビ跡の赤みにもアプローチ(トラネキサム酸配合)

ファンケルニキビケアは毎日のケアで肌を守る力をアップして、根本的にニキビのできにくく荒れにくい肌を目指すのがコンセプト。

ファンケルニキビケアラインは、一般的なニキビ用スキンケアはとは違い、殺菌剤を一切使用していません。

殺菌剤でアクネ菌を減らし、とりあえず今あるニキビを直すのは一時的なスキンケア。

殺菌剤で一時的にニキビは減らせても、肌全体のバリア機能低下の原因にもなりかねません。

またファンケルでは、防腐剤・合成香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤を一切使っていません。

ぽんこ

特別に敏感な肌でもニキビもケアできるのはうれしい

有効成分としてトラネキサム酸と甘草成分誘導体が配合されていて、くり返しがちなニキビを原因から防ぎ揺らがない肌を育てるサポートをしてくれます。

\\ 初回限定 1600円//

無期限返品保証つき

オルビスとファンケル ニキビラインを「値段と内容量」で比較

オルビスファンケルを「値段と内容量」で比較しました。

くわしくは下の表にまとめましたが、1アイテム当たりの値段はオルビスファンケルで大きく違いはありません。

しかし内容量をみるとオルビスの方が量も多く、コスパで選ぶならオルビスがおすすめです。

トライアルセットの場合は、オルビスが初回限定980円で2週間分、ファンケルが初回限定1,600円で約1か月分になります。

オルビスとファンケル 値段で比較

値段オルビスファンケル
洗顔料 1,430円(税込)1,540円(税込)
化粧水1,650円(税込)1,650円(税込)
乳液(保湿液)1,870円(税込)1,650円(税込)
公式より引用

1アイテム当たりの値段で比較すると大きな差はありません。

オルビスとファンケル 内容量で比較

内容量オルビスファンケル
洗顔料 120g90g
化粧水180ml30ml
乳液(保湿液)50g18g
公式より引用

アイテムにもよりますが、内容量からみると使用できる期間は以下の通りです。

  • オルビス…2~3か月
  • ファンケル…1~2か月

アイテムにもよりますが、オルビスの方が内容量も多く、コスパは良いです。

ぽんこ

ファンケルはトライアルセットで現品が届きます。手のひらより小さいサイズです。

また、ファンケルの場合は無添加処方で防腐剤が入っていないため、開封後は使用期限があります。

ファンケルは洗顔料の内容量は2か月分、化粧水と乳液の内容量が1か月分ですが、使用期限も同じ期間です。

オルビスとファンケル トライアルセットの比較

トライアルセットオルビスファンケル
値段初回限定:980円(税込)送料込み

オルビス会員:1,320円(税込)
初回限定:1,600円(税込)送料はファンケル負担

1回のみ購入可能
すでに会員の場合は5,000円未満で送料360円
内容量洗顔料、化粧水、保湿液
すべて約2週間分
洗顔料…20日分
化粧液と乳液…30日分
+部分美容液5包
公式より引用

トライアルセットの場合は、オルビスが初回限定980円で2週間分、ファンケルが初回限定1,600円で約1か月分になります。

どちらのトライアルセットもお試ししやすいお値段で、じっくり試せる量が入っています。

\\ オルビス 初回限定 980円//

30日間の返品保証つき

\\ 初回限定 1600円//

無期限返品保証つき

オルビスとファンケルのニキビケア 共通点と大きな違いは?

オルビスとファンケル ニキビケアの共通点

オルビスファンケルの共通点は以下の通りです。

オルビスとファンケル 共通点
  • 低刺激
  • 敏感肌のだけどニキビケアもしたい人向け
  • ニキビを予防したい人向け
  • ニキビのできにくい肌を目指せる

オルビスファンケル、どちらもニキビ予防したい人や、敏感肌だけどニキビケアをしたい人に向けのスキンケアです。

ニキビ用のスキンケアは刺激が強すぎるものもありますが、オルビスもファンケルならその点は心配ありません。

またどちらもニキビや肌荒れを防止する成分は配合されていますが、「今あるニキビをすぐにでもなんとかしたい!」という即効性を求めている人には物足りなく感じるでしょう。

オルビスとファンケル ニキビケアの大きな違いとは?

オルビスファンケルニキビケアラインで大きく違っている点もあります。

オルビスとファンケル 大きな違い
  • オルビス
    • コスパ◎
    • 使用感が選べる(しっとりorさっぱり)
    • 毛穴ケアがしたい(ナノVCショットカプセルを採用)
  • ファンケル
    • 殺菌剤不使用
    • 無添加処方で特別敏感なお肌にも安心
    • 赤みなどニキビ跡のケアしたい(トラネキサム酸配合)

オルビスファンケル、どちらも敏感肌向けの処方にはなっていますが、特別に敏感なお肌なら無添加処方にこだわったファンケルをおすすめします。

またオルビスはコスパの面でも優秀で、スキンケアの使用感が選べるのが魅力的。

ファンケルは使用感がさっぱりしているので、乾燥が気になる方は+αで保湿アイテムが必要になるかもしれません。

オルビスとファンケル 実際に使用した感想

オルビスファンケルを実際に使用した感想を紹介します。

オルビスはしっとりタイプを使いました。

使ってみて感じた共通点や、気になった違いをピックアップしてまとめています。

オルビスファンケル、それぞれ詳しいレビューは下の記事からご覧になって下さい。

実際に使った人間の肌タイプの紹介
  • 乾燥性の敏感肌
  • 春と秋冬は乾燥、夏は普通肌
  • 気温や体調、ストレス、花粉、生理などあらゆる変化に反応して肌が荒れちゃう敏感肌
  • ニキビもできやすい
  • 使用期間:11~12月(乾燥が気になるタイミング)
参考になれば

洗顔料の比較と使った感想

洗顔料オルビス(しっとり)ファンケル
泡の感触クリーミーな泡こってり濃密泡
洗いあがりさっぱりしっとり

どちらも泡立てネットで簡単に泡をつくることができました。

ぽんこ

オルビスファンケルどちらも匂いや刺激がなく使いやすかったです。

使っている最中に肌の調子が悪くなりそうなタイミングがありましたが、刺激を感じることもなく調子のよい肌で過ごすことができました。

オルビスの洗顔料は、しっとりタイプでもさっぱりとした洗いあがり

オルビス毛穴ケアもできるスキンケアラインのため、肌を守りながらも毛穴の詰まりを溶かして洗い上げてくれるのが特徴です。

ファンケルの洗顔料は、オルビスと比較してこってりした重めの泡。洗浄力は優しめでしっとり洗いあげてくれるのがポイントです。

ちなみに日焼け止め(赤ちゃんでも使える石鹸で落とせるタイプ)を使っていたたのですが、ファンケルの洗顔料だと落としきれませんでした。

同じ日焼け止めでもオルビスの洗顔料だときれいに落とせすことができました。

洗浄力が優しいというのは、肌が敏感になってる時も安心して使えるので良い点でもあります。

化粧水の比較と使った感想

化粧水オルビス(しっとり)ファンケル
テクスチャーシャバシャバ系シャバシャバ系
つけ心地さっぱりだけどうるおうさっぱり

オルビスファンケル、どちらも匂いのないシャバシャバ系の水のような化粧水

どちらもつけ心地はさっぱりですが、オルビスの方がつけた後の肌がうるおっていました

乳液(保湿液)の比較と使った感想

乳液(保湿液)オルビス(しっとり)ファンケル
テクスチャートロっとしたミルクジェル硬めのミルクジェル
つけごこちスルスルよくのびるスルスルよくのびる
つけた後の肌さっぱり、だけどしっとりさっぱり、サラサラな仕上がり

オルビスはトロっとしたミルク状のジェル、ファンケルのほうが若干かためのミルクジェル。

オルビスのしっとりタイプは、サラッとしながらもしっとりする不思議な使用感。時間がたっても肌の乾燥やベタつきがなくとっても心地よい仕上がりでした。

ファンケルは少量の硬めのミルクジェルでも、スルスルとよくのびて肌全体をカバーしてくれました。

つけた後はさっぱりサラサラな仕上がりですが、乾燥が気になる時期だったので保湿はちょっとものたりなかったです。

どちらも塗った直後からサラッとした仕上がりで、とくに春夏は使いやすい使用感でした。

オルビスとファンケル使用感の違いはココ!

  • オルビスのしっとりタイプと比べるとファンケルは乾燥が気になる
  • ファンケルの方がオルビスと比べて、洗顔料の洗浄力が優しめ

ファンケルはさっぱりした仕上がり。

オルビスはしっとりとさっぱり、使用感が選べるので肌タイプや季節ごとで使用感を選べるのはうれしいですね。

ファンケルの洗顔料はもちっとした濃密な泡で優しく洗えたので、洗いあがりもしっとりいい感じ。

ですがオルビスと比べて洗浄力も優しめだったのでしっかり洗いたいときはものたりないかもしれません。

オルビスファンケルもトライアルセットとはいえじっくり使って使用感を確かめられたので良かったです。

ぽんこ

ファンケルは1カ月も使えるので、生理前の不安定な時期も確かめられて良かったです。

オルビスとファンケルのニキビケアライン、どっちがおすすめ?

オルビスファンケル、あえて選ぶならどっちかポイント別に紹介していきます。

敏感肌でニキビに悩んでいる人は?

オルビスファンケルも低刺激なのでどちらも敏感肌でも安心して使えるスキンケアライン。

どちらも低刺激ですが、防腐剤や抗菌剤も不安という方なら、ファンケルがいいでしょう。

乾燥肌や脂性肌、肌タイプで選ぶなら?

オルビスならしっとりタイプとさっぱりタイプの2種類があり、お好みで選ぶことができます。

ファンケルはさっぱりタイプなので、乾燥が気になるならオルビスのしっとりタイプがおすすめです。

コスパで選びたいなら?

コスパで選ぶならオルビスです。

1アイテムごとの値段はほとんど変わりませんが、内容量が違います。

ニキビ跡もケアするなら?

ニキビ跡の赤みケアもしたいならファンケルがおすすめ。

有効成分として配合されているトラネキサム酸は、シミを薄くする効果も期待できます。

毛穴ケアもしたいなら?

毛穴もケアしたいならオルビスがおすすめ。

毛穴ケア対策にナノVCショットカプセル※1が採用されていて、肌のキメを整えながら毛穴が目立たない肌へと導きます。

※1ナノVCショットカプセル…ビタミンC誘導体など5種の整肌成分が入った特殊なナノカプセル。

オルビスとファンケルをお得に使い比べる方法

オルビスファンケルも一番オトクに買えるのは、公式ショップから買える初めての方限定のお試しセットです。

オルビスは2週間分のトライアルセットで980円(送料無料)

ファンケルは1か月分の現品が入ったトライアルセットで1,600円(送料はファンケル負担)

ファンケルのトライアルセットは公式ショップ限定。オルビスは初回限定980円で買えますが、このお値段は公式ショップ限定価格。

オルビスのトライアルセットは大手ECサイトでも購入できますが、初回購入でも1,320円と高くなってしまいます。

\\ オルビス 初回限定 980円//

30日間の返品保証つき

\\ 初回限定 1600円//

無期限返品保証つき

ぽんこ

公式ショップからの購入が一番オトクでおすすめです。

よくある質問 FAQ

よくある質問点をまとめてみました。

ファンケルのニキビケアはドラッグストアでも買える?

ドラッグストアでファンケルのニキビケアは売っていません。

検索サジェストに「使ってはいけない化粧品 ファンケル」と出てきて怖い。本当に安心なの?

成分について不安になり「使ってはいけない化粧品 ファンケル」で検索する人も多いようです。調べてみましたが、「ファンケルが使ってはいけない化粧品だというのはウソ!」のように否定する内容ばかりです。

無添加処方、成分を守るフレッシュキープボトルなど、ファンケルでは成分にこだわっているからこそ徹底した品質管理がされています。

ファンケルのニキビケアは小学生でも使える?

ファンケルのアクネケアはアクネ菌や過剰皮脂を防いでくれるので、皮脂分泌が活発な思春期のニキビに使えます。さっぱりした使用感なので皮脂多めの年頃にもおすすめです。

【まとめ】オルビスとファンケル ニキビケアで選ぶべきはどっち?

この記事のまとめ
  • オルビスファンケルどちらも敏感肌でも使いやすいニキビケアライン
  • 乾燥肌、コスパ重視ならオルビス、防腐剤や抗菌剤も苦手な敏感肌ならファンケル
  • 初回限定のトライアルセットは、どちらもオトクでじっくり使える
    • どちらも使って自分の肌でお試しするのが一番おすすめ

今回はオルビスファンケルニキビケアラインの特徴を紹介しました。

違いはありますが、オルビスファンケルニキビを繰り返さない肌を培っていける頼れるスキンケアラインです。

\\ オルビス 初回限定 980円//

30日間の返品保証つき

\\ 初回限定 1600円//

無期限返品保証つき

少しでも気になった方は、まずはお得なトライアルセットを利用して、自分のお肌でじっくり確認してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次