赤ちゃんの鉄分不足対策にオススメ!Gerber(ガーバー)のライスシリアルとは

(・・・みなさん離乳食ってめんどくさくないですか?)

ぴよちゃん

ドキッ!

  • 用意するのが大変
  • 栄養がちゃんと摂れているか心配
  • ぜんぜん食べてくれない

なんて、悩んでいたりしていませんか?

私も同じ悩みを抱えていました。

この記事では、Gerber(ガーバー社)のライスシリアルについて紹介します。

アメリカ製のベビーフードなんですが、不足しがちな鉄分がたっぷり入っています。

そして何より作り方がとってもカンタン!!

書籍やSNSでも取り上げられて、日本のママたちにも大人気のベビーフードです。

私は娘の鉄分不足で指導をうけて、悩んでいたときにこのライスシリアルを知りました。

特に母乳で育てられている赤ちゃんは、鉄欠乏になりやすいことが分かっています。

この記事でわかること

  • ライスシリアルの作り方と特徴
  • 商品と成分の紹介
  • メリットとデメリット
  • 購入方法

ぜひ最後までご覧ください。

目次

Gerber(ガーバー社)ライスシリアルの作り方

  1. ライスシリアルを清潔なお皿に出します。
  2. 水分を加えて混ぜます。
ぴよちゃん

これだけ!?

ぽんこ

これだけです。

写真付きで紹介していますので詳しく知りたい方は、お湯でも作れる?Gerber(ガーバー)ライスシリアルの作り方とアレンジを紹介をご覧ください。

ぽんこ

簡単なアレンジレシピも紹介しています。

 

Gerber(ガーバー社)ライスシリアルとは

ライスシリアルとはお米を粉状にした食品で、欧米ではポピュラーな離乳食です。

Gerber社のライスシリアルは離乳食初期から使えます。

Gerber社のライスシリアルはこの本で紹介されて、一気に知名度が上がりました。

この本で著者は「日本のママたちは離乳食をがんばりすぎ!」「気休めではなく、子どもの発達のためにも、市販離乳食を使ってほしい」と語っています。

特に鉄については「鉄を制するもの、育児を制する」と言ってもよいくらい、成長にかせない大事な栄養素だと主張されています。

ここ数年で赤ちゃんの鉄分不足への認識が変わり、生後6か月ごろから積極的に鉄分をとることが推奨されています。

なぜ鉄分が赤ちゃんの成長大切なのかについては、赤ちゃんに必要な鉄分!鉄不足でどんな悪影響が?鉄分サポートにライスシリアルがおすすめ!の記事で紹介しています。

Gerber(ガーバー社)ライスシリアルの成分

ライスシリアルの商品説明と成分は以下の通りです。(iherbから引用抜粋)

成分その他:米粉, ダイズとヒマワリレシチン, マグロオイル(DHA源), リン酸K, 魚由来のゼラチン(ティラピア), ビフィズス菌培養物。

ビタミン、ミネラル: 炭酸カルシウム, 鉄(フマル酸第一鉄), ビタミンC(アスコルビン酸), 硫酸亜鉛, ビタミンE(α-酢酸トコフェロール), ナイアシンアミド, ビタミンB2(リボフラビン), ビタミンB1(チアミン硝酸塩), ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩), ビタミンB12, 葉酸。

含有物: 魚(ティラピア)、ダイズ。

サプリメント成分
1回分:  4分の1カップ(15 g)
内容量:  約15回分
1回当たりの栄養成分
カロリー60
総脂質0.5 g
トランス脂肪0 g
ナトリウム10 mg
カリウム40 mg
総炭水化物12 g
食物繊維0 g
砂糖1 g
タンパク質1 g
1日の摂取量(%)1歳未満の幼児1~4歳のお子様
タンパク質3%3%
ビタミンA0%0%
ビタミンC25%20%
カルシウム20%15%
45%60%
ビタミンE25%10%
チアミン25%15%
リボフラビン25%20%
ナイアシン25%20%
ビタミンB625%10%
葉酸25%10%
ビタミンB1225%15%
リン4%2%
亜鉛20%10%
†1回分当たり8 mgのDHA

1回の分量は15g。大さじにすると3杯ほどです

「1回の食事で1日に必要な鉄分の60%が摂取できる」というのがウリですが、この60%はアメリカの基準です。

1食分に鉄分6.75mg含まれています。

日本の場合、乳幼児の鉄分摂取推奨量は1日に男児5mg女児4.5mgとされているので、1食で1日に必要な鉄分をとることができちゃうんです!

 

メリットとデメリット

メリット

  • 1回の食事で必要量の鉄分が摂取できる
  • 必要な量をパッと作れる。作り置き不要で衛生的
  • 非常時の防災食としても使える

1回の分量(15g)で鉄分6.75mgもとれちゃいます

パパっとつくれるのは時短にもなりますし、作り置き不要なので衛生的にも安心です。

さらに液体ミルクとまぜれば完成なので、防災食としても使えます

非常用の防災セットに備えておけば、いざというときにも安心です。

月齢によって離乳食も違うので定期的に見直しましょう。

私はライスシリアルを使い切ったら防災セットから取り出して、防災セットに新しいライスシリアルをしまっていました。

液体ミルクもセットで備えておくと安心ですよ。

デメリット

  • 店頭では買えない
  • 売り切れで買えないことがある

残念ながら日本では店頭で販売されていません

そのためネットで購入しなくてはなりません。

また、人気商品のため売り切れになるとなかなか買えないこともあります。

モグモグ期(生後7か月)以降ならガーバー社のオートミールに切り替えるのもおすすめです。

購入方法

店頭では買えないので、ネットでの購入になります。

一番のおすすめはiHerbという通販サイトです。

アメリカの大手通販会社ですが、日本語で購入可能です。

個人輸入扱いになるのでお安く購入できるのでおすすめです

iHerbは、お会計の際にプロモコードというクーポンを利用できます。

はじめての方もリピーターの方もどちらも割引が適用になります!

ぜひこちらからクリックしてください。

\こちらからどうぞ /

大手ECサイトでも取り扱いはあります。

しかし、iHerbと比べると3倍ほどの価格で売られていることも。

iHerbで買った方がお得なのでおすすめです。

 

まとめ

この記事では日本でも話題のGerber社のライスシリアルについて紹介されてもらいました。

もう一度、Gerber社のライスシリアルのメリットをまとめます。

メリット
  1. 鉄分が1回の食事で摂取できる
  2. 必要な量をパッとつくれる。作り置き不要で衛生的
  3. 非常時の防災食としても使える

いかがでしたか?

手を抜けるところは抜いて、少しでもラクに子育てしていきましょうね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

夫と娘と3人暮らし、日中は1歳の娘と2人っきり。
ラクできるところはラクして、親子ですこやかに暮らしたい。
おうちでできる知育やお得情報などを中心に、日常を発信中
詳しいプロフィールはこちら

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次